METガラでのプラチナ・ジュエリー | プラチナセレブリティ | Platinum Guild International
Platinum Guild International

PLATINUM CELEBRITY

METガラでのプラチナ・ジュエリー

2019/05/16

メトロポリタン美術館コスチューム・インスティチュート・ガラ、通称「METガラ」が、5月6日(現地時間)米ロサンゼルスで開催され、トップセレブリティがゴージャスなプラチナ・ジュエリーを身に纏い登場しました。

                                    

今回のテーマは、「キャンプ:ファッションについてのノート(Camp: Notes on Fashion)」。テーマにある“キャンプ”とは、アウトドアを指すキャンプではなく、スーザン・ソンタグが提唱した「不自然なもの、人工的で誇張されたもの」を意味する美学のこと。セレブ達のアグレッシブで個性的なスタイリングをご紹介します!

Getty Images


リリー・コリンズの耳元と胸元を彩るのは、カルティエのプラチナ・ジュエリー。

胸元に主張するネックレスは、エメラルド、ロック・クリスタル、オニキス、ダイヤモンドなどをプラチナ・セッティングしたもの!

耳元にも、同系色のプラチナ・イヤリングをあわせています。

リリー・コリンズが着用したプラチナ・ジュエリー by CARTIER


InStar Images


ジジ・ハディッドのゴージャスなイヤリングは、Lorraine Schwartz(ロレーヌ・シュワルツ)のもの。

90カラット超のダイヤモンドをプラチナ・セッティングしたトリプル・フープのイヤリングは、ドレスに負けない存在感を発揮しています。

Getty Images


ジェニファー・ロペスは、ハリー・ウィンストンのネックレス、ブレスレット、リングをチョイス。

胸元にひと際輝くのは、65.32カラットの紫色のサファイアと、計129.48カラットものダイヤモンドをプラチナ・セッティングしたネックレス!

さらに手元も、プラチナ×ダイヤモンドのリングやブレスレットで統一。
白いゴージャスな輝きは圧巻です。

プラチナは、ダイヤモンドや宝石を他のどの金属より、しっかりと留めることができるため、レッドカーペットでの理想な貴金属です。純粋で希少性が高く、変わらないものの象徴とされるプラチナ。生まれながらに白いプラチナは、ダイヤモンドや宝石の色を邪魔することもなく、その輝きを最大限に引き出します。

プラチナ・ギルド・インターナショナルでは、ティファニー、ハリー・ウィンストン、フレッド・レイトン、カルティエ、Lorraine Schwartz(ロレーヌ・シュワルツ)、ブルガリなどレッドカーペット御用達のジュエリーブランドの多くが、ダイヤモンドや宝石の輝きを最大限に引き出すプラチナを、トップセレブリティに提供していることをご紹介します。

RECENT ARTICLES

PLATINUM
RECOMMEND

プラチナの正しい価値と知識、
日本で販売されている
プラチナ・ジュエリーのデザイン、
プラチナにまつわる
最新トピックスなどを紹介しています。