ロイヤルファミリーに愛されるプラチナ・ジュエリー | プラチナセレブリティ | Platinum Guild International
Platinum Guild International

プラチナ・ジュエリーの国際的広報機関による情報サイト

PLATINUM CELEBRITY

ロイヤルファミリーに愛されるプラチナ・ジュエリー

2021/11/18

貴金属の王と呼ばれるプラチナは、ロイヤルファミリーのジュエリーとしても多く愛用されています。

Oli Scarff/Getty Images


メープルモチーフのプラチナ×ダイヤモンドのブローチは、カナダへの感謝と尊敬を象徴しています。このデザインは、ジョージ6世がカナダ訪問を訪問するエリザベス女王のために作らせたものです。

その後も、女王をはじめ、キャサリン妃やカミラ夫人ことコーンウォール公爵夫人が、カナダのイベントでこのジュエリーを身につけています。

Samir Hussein/Getty Images


キャサリン妃が写真で着用しているプラチナ×ダイヤモンドのシダのブローチは、エリザベス女王が1953年のクリスマスに、ニュージーランドをツアーした際にオークランドの女性たちから贈られたものです。

キャサリン妃は、2014年にニュージーランドを来訪した際にこのブローチを着用していました。

George Pimentel/Getty Images


メーガンさんのベールは、エリザベス女王の祖母にあたるメアリー王妃のプラチナ製のバンドー・ティアラでとめられていました。このティアラは1932年にイギリスで作られたもので、エリザベス女王から貸し出されたものです。

このティアラは、11個のパーツで作られたフレキシブルなヘアバンド型のティアラで、オバルシェイプやパヴェセッティングの大小の様々なダイヤモンドがはめ込まれています。ティアラの中央に配されているのは、10個のブリリアントカット・ダイヤモンドを用いた取り外しができるブローチで、ティアラはその中央のブローチを活かすようデザインされています。このブローチは1893年にメアリー王妃がジョージ5世と結婚した際に贈られたもので、ティアラとブローチは1953年に女王メアリーからエリザベス女王に遺贈されました。

Paul Popper/Popperfoto/Getty Images


プラチナのウェディング・ジュエリーは、ロイヤルファミリーにおいても人気です。エリザベス女王のフィリップ殿下から贈られたエレガントなリングも、モナコ大公レーニエ3世がグレース・ケリー(写真)に贈った2つめのエンゲージリングもプラチナでした。

貴金属の王と称される「プラチナ」は、地球上で最も丈夫な天然の素材のひとつであると同時に、耐久性にも優れています。また、純粋で希少なプラチナは、純粋な想いや、他に代わるもののない愛の象徴として多くのカップルに選ばれています。

プラチナが選ばれる理由>

RECENT ARTICLES

PLATINUM
RECOMMEND

プラチナの正しい価値と知識、
日本で販売されている
プラチナ・ジュエリーのデザイン、
プラチナにまつわる
最新トピックスなどを紹介しています。

PAGE TOP