プラチナを着る。「自分」を輝かせる究極のコーディネートとは02 | Platinum Guild International
Platinum Guild International
スタイリスト田中雅美が提案 プラチナで「私」に還る 自分という素材を輝かせるコーディネート6

2

ジュエリー迷子にならない! 記念日に手に入れたいプラチナ・ジュエリー3選

純度の高い天然の白い輝きが、身に着けるたびに自信をもたらしてくれるプラチナ・ジュエリー。永遠に色褪せることのない輝きは、人生のアニバーサリーを彩るのにもぴったりです。スタイリストの田中雅美さんいわく、「ダイヤモンドとのコンビを選べば、特別感も高まります。」今回は、記念日に手に入れたいおすすめアイテムを田中さんがセレクト。プラチナ×ダイヤの白く清冽な輝きを際立たせるモノトーンコーディネートで、プラチナ・ジュエリーをおしゃれに取り入れるバランスを提案します。

混じり気のない白い輝きはプラチナならでは。ダイヤモンドの透明感を最もよく引き立てることから「ダイヤモンドに愛される貴金属」と呼ばれているそう。
自分という素材を輝かせるために
プラチナを選ぶべき6つの理由


1.凛とした白い輝きが、大人にふさわしい芯のある美しさを表現。洗練された雰囲気で、甘めのモチーフを知的に演出できるのもメリット。

2.プラチナ・ジュエリーは、純度85%以上。まじり気のほとんどない天然の輝きは、強く深みのある白が特長的で肌を明るく見せる効果も!

3.希少性の高さが、特別感をもたらす。限られた地域でしか採れず、その採掘量はゴールドに比べて約30分の1とか。

4.経年劣化しにくいので、変色や変質の心配は無用。永く愛用できる一生モノは、記念日のジュエリーにぴったり。さらにコストパフォーマンスも◎。

5.紙よりも薄く、糸よりも細く伸ばせるプラチナは、繊細なデザインを可能に。軽やかなジュエリーは、重ねづけにも最適。

6.汗に強く、温泉に入っても大丈夫。日々のお手入れは、柔らかい布でサッと拭くだけで輝きを取り戻せるという手軽さ。

 

スタイリスト田中雅美さんが提案する
記念日に手にしたいプラチナ・
ジュエリー3選


COORDINATE1
ファーストステップには、定番のひと粒ダイヤのペンダントを。

 

ペンダントとリングは、ダイヤを抱き込むプラチナの地金部分がダイヤの輝きを贅沢に増幅。バータイプのピアスは中空になっていて、驚くほど軽やかな着け心地も特筆モノです。軽量なぶん、ちょっと首をかしげるだけでもキラキラとスウィング。揺れがもたらすフェミニンさを振りまいてくれそう。ペンダント(PT×ダイヤモンド)¥85000/ウィスプ ピアス(PT)¥54538/ギンザタナカ リング(PT×ダイヤモンド)¥300000/ベルブランシュ シャツドレス¥42000/コル ピエロ フォー エストネーション(エストネーション) シューズ¥118000/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

大草 直子

MASAMI'S コメント

「ファーストプラチナなら、まずはジュエリーの大定番であるひと粒タイプのペンダントはいかがでしょうか? ゴールドのタイプをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、白い輝きは、より洗練された印象を醸し出してくれます。さらに、こういった定番アイテムこそ、末永く美しいまま愛用していけるプラチナがおすすめ。かすみ草をモチーフにしたというほの甘いリングとともに、ダイヤを囲む地金部分がダイヤの輝きをより華やかに見せてくれるデザインもうれしいポイントです。スタイリングは、シンプルなシャツワンピースとパテントのブーツでオフィスにもふさわしい辛口な女らしさに仕上げました」

 

COORDINATE2
ストイックなフォルムのジュエリーは、素材の表情でモードに味つけ。

 
 

バータイプのペンダントは、「COORDINATE1」で使用したリング同様、かすみ草がモチーフ。直線的なデザインが甘さをほどよく抑え、大人の可愛らしさを表現してくれます。耳の後ろにポストが垂れるアメリカンタイプのピアスは、モダンなムード。ダイヤを囲む3連リングがダイヤの輝きを強調して華やかに。ペンダント(PT×ダイヤモンド)¥291000、ピアス(PT×ダイヤモンド)¥530000/ベルブランシュ ボウブラウス¥58000/ティビ レザーパンツ¥95000/ツインズ フローレンス(ガリャルダガランテ表参道店) ファー付きシューズ¥103000/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

大草 直子

MASAMI'S コメント

「直線的でストイックなフォルムのペンダントとピアスには、パンチの効いたテクスチャーを組み合わせてモードを意識したスタイリングに。マットなハイネックトップ、ツヤっとしたレザーパンツ、ファー付きシューズなどあえて振り幅のある素材をミックスし、全身をAラインシルエットにまとめてストリート感も取り入れました。トップスに付いたボウもストールのように垂らすなど遊びを効かせたコーディネートですが、黒で統一すれば品よくまとまります」

 

COORDINATE3
リュクスなペンダントは、テイストミックスの遊び心でデイリー仕様に。

 
 

ダイヤを散りばめたペンダントは、無数の星が煌めく天の川がモチーフ。このボリューム感でもデイリーに着けられるのは、上品な白い輝きだから。胸元にインパクトがあるぶん、ピアスとブレスレットは控えめな輝きに。ペンダント(PT×ダイヤモンド)¥1040000/ソノリテ ピアス(PT×ダイヤモンド)¥291000/ベルブランシュ ブレスレット(PT)¥18000/イジマ ジャケット¥30000、スカート¥34000/エストネーション ニット¥39000/サヤカ デイヴィス(ショールーム セッション) シューズ¥110000/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店) ソックス(スタイリスト私物)

大草 直子

MASAMI'S コメント

「記念日には、いつもより奮発したジュエリーを購入したい場合もあるかもしれません。たとえばこんなダイヤの粒を散りばめたラグジュアリーなペンダント。ドレスアップシーンでも大活躍しそうですが、デイリーに取り入れたいなら、まず全体の印象を左右する足元はコンサバにしないこと。さらに、このデザインは肌に乗せた方が光の入り方がキレイだと思ったのでデコルテは開けましたが、ネックウォーマーの下からペンダントを覗かせることで個性を表現。胸元がヌーディなぶん、足元はソックスを履いて“ハズし”を入れています。」


清潔感のある輝きだからこそ、シンプル〜遊び心のあるスタイルまで、コーディネートの幅が広がるプラチナ・ジュエリー。ミモレ世代が着ると迫力が出過ぎることもあるモノトーンスタイルにも、上品な華やぎと淑やかなエレガンスを添えてくれそうです。せっかく記念日に手に入れるなら、ドレスアップシーンはもちろん、日々の自分に自然と寄り添ってくれるジュエリーを選びたいもの。さらに、いつまでも変わらない美しさと希少性を併せ持つプラチナ・ジュエリーは、大切な記憶を託すのにふさわしいジュエリーかもしれません。

【衣装協力】
エストネーション tel. 0120-503-971
ガリャルダガランテ表参道店 tel. 03-5766-1855
ジェイエムウエストン 青山店 tel. 03-6805-1691
ジャンヴィト ロッシ ジャパン tel. 03-3403-5564
ショールーム セッション tel. 03-5464-9975

撮影/長友善行 スタイリスト/田中雅美
ヘア/Katsumi Matsuo メイク/Yuka Washizu
モデル/渡辺佳子 取材・文/村上治子 構成/川良咲子

純度の高い天然の白い輝きが、身に着けるたびに自信をもたらしてくれるプラチナ・ジュエリー。永遠に色褪せることのない輝きは、人生のアニバーサリーを彩るのにもぴったりです。スタイリストの田中雅美さんいわく、「ダイヤモンドとのコンビを選べば、特別感も高まります。」今回は、記念日に手に入れたいおすすめアイテムを田中さんがセレクト。プラチナ×ダイヤの白く清冽な輝きを際立たせるモノトーンコーディネートで、プラチナ・ジュエリーをおしゃれに取り入れるバランスを提案します。

混じり気のない白い輝きはプラチナならでは。ダイヤモンドの透明感を最もよく引き立てることから「ダイヤモンドに愛される貴金属」と呼ばれているそう。
自分という素材を輝かせるために
プラチナを選ぶべき6つの理由


1.凛とした白い輝きが、大人にふさわしい芯のある美しさを表現。洗練された雰囲気で、甘めのモチーフを知的に演出できるのもメリット。

2.プラチナ・ジュエリーは、純度85%以上。まじり気のほとんどない天然の輝きは、強く深みのある白が特長的で肌を明るく見せる効果も!

3.希少性の高さが、特別感をもたらす。限られた地域でしか採れず、その採掘量はゴールドに比べて約30分の1とか。

4.経年劣化しにくいので、変色や変質の心配は無用。永く愛用できる一生モノは、記念日のジュエリーにぴったり。さらにコストパフォーマンスも◎。

5.紙よりも薄く、糸よりも細く伸ばせるプラチナは、繊細なデザインを可能に。軽やかなジュエリーは、重ねづけにも最適。

6.汗に強く、温泉に入っても大丈夫。日々のお手入れは、柔らかい布でサッと拭くだけで輝きを取り戻せるという手軽さ。

 

スタイリスト田中雅美さんが提案する
記念日に手にしたいプラチナ・
ジュエリー3選



COORDINATE1
ファーストステップには、定番のひと粒ダイヤのペンダントを。

 

ペンダントとリングは、ダイヤを抱き込むプラチナの地金部分がダイヤの輝きを贅沢に増幅。バータイプのピアスは中空になっていて、驚くほど軽やかな着け心地も特筆モノです。軽量なぶん、ちょっと首をかしげるだけでもキラキラとスウィング。揺れがもたらすフェミニンさを振りまいてくれそう。ペンダント(PT×ダイヤモンド)¥85000/ウィスプ ピアス(PT)¥54538/ギンザタナカ リング(PT×ダイヤモンド)¥300000/ベルブランシュ シャツドレス¥42000/コル ピエロ フォー エストネーション(エストネーション) シューズ¥118000/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

大草 直子

MASAMI'S コメント

「ファーストプラチナなら、まずはジュエリーの大定番であるひと粒タイプのペンダントはいかがでしょうか? ゴールドのタイプをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、白い輝きは、より洗練された印象を醸し出してくれます。さらに、こういった定番アイテムこそ、末永く美しいまま愛用していけるプラチナがおすすめ。かすみ草をモチーフにしたというほの甘いリングとともに、ダイヤを囲む地金部分がダイヤの輝きをより華やかに見せてくれるデザインもうれしいポイントです。スタイリングは、シンプルなシャツワンピースとパテントのブーツでオフィスにもふさわしい辛口な女らしさに仕上げました」

 

COORDINATE2
ストイックなフォルムのジュエリーは、素材の表情でモードに味つけ。

 
 

バータイプのペンダントは、「COORDINATE1」で使用したリング同様、かすみ草がモチーフ。直線的なデザインが甘さをほどよく抑え、大人の可愛らしさを表現してくれます。耳の後ろにポストが垂れるアメリカンタイプのピアスは、モダンなムード。ダイヤを囲む3連リングがダイヤの輝きを強調して華やかに。ペンダント(PT×ダイヤモンド)¥291000、ピアス(PT×ダイヤモンド)¥530000/ベルブランシュ ボウブラウス¥58000/ティビ レザーパンツ¥95000/ツインズ フローレンス(ガリャルダガランテ表参道店) ファー付きシューズ¥103000/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

大草 直子

MASAMI'S コメント

「直線的でストイックなフォルムのペンダントとピアスには、パンチの効いたテクスチャーを組み合わせてモードを意識したスタイリングに。マットなハイネックトップ、ツヤっとしたレザーパンツ、ファー付きシューズなどあえて振り幅のある素材をミックスし、全身をAラインシルエットにまとめてストリート感も取り入れました。トップスに付いたボウもストールのように垂らすなど遊びを効かせたコーディネートですが、黒で統一すれば品よくまとまります」

 

COORDINATE3
リュクスなペンダントは、テイストミックスの遊び心でデイリー仕様に。

 
 

ダイヤを散りばめたペンダントは、無数の星が煌めく天の川がモチーフ。このボリューム感でもデイリーに着けられるのは、上品な白い輝きだから。胸元にインパクトがあるぶん、ピアスとブレスレットは控えめな輝きに。ペンダント(PT×ダイヤモンド)¥1040000/ソノリテ ピアス(PT×ダイヤモンド)¥291000/ベルブランシュ ブレスレット(PT)¥18000/イジマ ジャケット¥30000、スカート¥34000/エストネーション ニット¥39000/サヤカ デイヴィス(ショールーム セッション) シューズ¥110000/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店) ソックス(スタイリスト私物)

大草 直子

MASAMI'S コメント

「記念日には、いつもより奮発したジュエリーを購入したい場合もあるかもしれません。たとえばこんなダイヤの粒を散りばめたラグジュアリーなペンダント。ドレスアップシーンでも大活躍しそうですが、デイリーに取り入れたいなら、まず全体の印象を左右する足元はコンサバにしないこと。さらに、このデザインは肌に乗せた方が光の入り方がキレイだと思ったのでデコルテは開けましたが、ネックウォーマーの下からペンダントを覗かせることで個性を表現。胸元がヌーディなぶん、足元はソックスを履いて“ハズし”を入れています。」


清潔感のある輝きだからこそ、シンプル〜遊び心のあるスタイルまで、コーディネートの幅が広がるプラチナ・ジュエリー。ミモレ世代が着ると迫力が出過ぎることもあるモノトーンスタイルにも、上品な華やぎと淑やかなエレガンスを添えてくれそうです。せっかく記念日に手に入れるなら、ドレスアップシーンはもちろん、日々の自分に自然と寄り添ってくれるジュエリーを選びたいもの。さらに、いつまでも変わらない美しさと希少性を併せ持つプラチナ・ジュエリーは、大切な記憶を託すのにふさわしいジュエリーかもしれません。

【衣装協力】
エストネーション tel. 0120-503-971
ガリャルダガランテ表参道店 tel. 03-5766-1855
ジェイエムウエストン 青山店 tel. 03-6805-1691
ジャンヴィト ロッシ ジャパン tel. 03-3403-5564
ショールーム セッション tel. 03-5464-9975

撮影/長友善行 スタイリスト/田中雅美
ヘア/Katsumi Matsuo メイク/Yuka Washizu
モデル/渡辺佳子 取材・文/村上治子 構成/川良咲子