Precious Platinum

プラチナの長い歴史を紐解く

Search


印刷 メール

高温バーナーで熱を入れて柔らかくし、地金が真っ赤なうちに叩いて鍛え上げます。繰り返し叩くことで地金内の分子構造が均一になり、硬さがより増していきます。この工程を「焼きなまし」といい、何度も繰り返しながら角棒状に成形していきます。

角棒状に成形できたら、圧縮ローラーを使って、加工しやすい棒状まで延ばします。この工程でも「焼きなまし」を繰り返しおこないます。

角棒を木槌などで叩きながら曲げていきます。サイズ棒に合わせ巻きつけ、ロウ付けと呼ぶ溶接によってリング状に成形します。鍛造製法では「焼きなまし」や叩き上げる「圧縮」を何度も繰り返すことで金属の密度があがり、硬く強い指輪になります。


取材協力:アトリエヒロウミ

 

© Platinum Guild International 2016 – All rights reserved サイトマップ 免責事項・プライバシーポリシー