< プラチナとホワイトゴールドはどこが違うの? | プラチナが選ばれる7つの理由 | Platinum Guild International
Platinum Guild International

選ばれる理由4

プラチナと
ホワイトゴールドは
どこが違うの?

プラチナの白色は天然の色です。

プラチナの色は、生まれながらの白色。
天然の色だから、白い輝きを永遠に保ち続けることができます。
一方、ホワイトゴールドは、もともと金色のゴールドに
他の貴金属を混ぜて白い色をつくり出しています。
プラチナの白い輝きは人工的なものではなく、
内側からにじみ出る本物の輝きなのです。

生まれながらの白色と後から作り出した白色の違い

重さや純度がまったく違います。

同じ大きさ、デザインのジュエリーを手にとってみると、
プラチナ製はずっしりとして、重量感がまったく違います。
その重みこそが、本物ならではの満足感といえるでしょう。
また、一般的なプラチナ・ジュエリーであるPt900は
「プラチナ含有率 90%」という意味ですが、
ゴールド・ジュエリーとして一般的なK18は75%。
純度にも歴然と差があるのです。

プラチナ/ホワイトゴールドの純度比較

あわせて読みたい