> Vol.4 無口な父から母へ、三十年分「ありがとうのプラチナ」。 | 絆のプラチナ | GIFT JEWELLERY | Platinum Guild International
Platinum Guild International

絆のプラチナ〜こころ、つなぐ、プラチナなエピソード。〜

Vol.4 無口な父から母へ、三十年分「ありがとうのプラチナ」。

「これ、お母さんのだから」 そう言って父は私にそっと、
母の形見になったプラチナの指輪を渡してくれました。

利発で、いつも明るかった母。無口で、真面目で、我慢強い父。

だから、父が突然「お母さんに指輪を贈る」と言い出したのには驚きました。
母が会社で勤続三十年を迎え、祝いの宴席に呼ばれたので、
そこで身に着けるための指輪を買ってやる、と言うのです。

初めての出来事に、宝石店でもはしゃぎっぱなしだった母。
やっと選んだのは、エメラルドカットのダイヤが 三石並んだプラチナの指輪でした。

家に戻ってからも母は、その指輪をはめたり、外したり、
箱に戻したり、また出してみたり、と、愛おしそうに眺めていました。
父はいつも通りなんにも言わずにいたけれど、
ずっとニコニコしていた母を、ちゃんと見ていたのかな……。

結婚指輪の習慣が今より定着していなかった時代に、一緒になった二人。
あのプラチナの指輪が、無口な父から母へ、
長い結婚生活の感謝の印だったのかも知れません。

母が亡くなったのはそれから少し後、私が大学生のときでした。
父がそっと渡してくれた、形見の指輪。
見るたびに想い出すのは、あの日の嬉しそうな母の笑顔です。

(千葉県 50歳 女性)