> Vol.6 母からの贈り物、二十歳のプラチナ。 | 絆のプラチナ | GIFT JEWELLERY | Platinum Guild International
Platinum Guild International

絆のプラチナ〜こころ、つなぐ、プラチナなエピソード。〜

Vol.6 母からの贈り物、二十歳のプラチナ。

「はい、カナコ。二十歳の記念」

母から突然渡された、白い箱。
ドキドキ、ドキドキしながら開けました。

手にした、ハートのプラチナ・ネックレス。
「輝きが色褪せないから、長く使えるよ」そう、嬉しそうに言った母。
いつも明るい母。私想いの母。人が喜ぶ顔が好きな母。
夏休みの工作を、毎年張りきって手伝ってくれた母―。
二十年間、母が注いでくれた愛が、目の前に溢れてくる気がしました。

大学生だった、二十歳の私。本音を言うと、
「母と少し離れたい」という思春期の葛藤の中にいました。
もう自分は子供じゃない。親に干渉されずに、自分のことは自分で決めたい。
でも、いざひとり暮らしをしてみると―。
家事の大変さや、ふとした瞬間の寂しさを知って、
母のありがたみを実感していたのも、本当でした。

二十歳って、まだまだ子供。だけど、周りは大人として接しはじめる。
迷いながら、不安を乗り越えながら、新しい世界へ進む一瞬。
だから、あんなにも輝かしい。母が贈ってくれたあのプラチナは、
「二十歳という輝く時を大切にしてね」という、母からのメッセージだったのかな。

「ありがとう」
気がつくと、母に素直に感謝を伝えていた私。
プラチナの輝きが、葛藤を解きほぐしてくれたのかもしれません。
今では、仲のいい女友達のような母。
2人で遊んだり、旅行に行ったり、ときには恋愛の話もしたり。

大人になった私は、大好きなフラワーアレンジメントの仕事をしているけれど、
それも、人を喜ばせたり、なにかつくるのが好きなお母さんに
憧れたからかなぁ、と思ってるんだよ。

(東京都 32歳 女性)