平成/令和元年婚の結婚指輪と理想の夫婦像に関する比較調査 令和元年婚のキーワードは “夫婦で共に”!? | プラチナ・トピックス | Platinum Guild International
Platinum Guild International

平成/令和元年婚の、
結婚指輪理想の夫婦像
関する比較調査

令和元年婚のキーワードは

“夫婦で共に”!?

2019/06/06

プラチナ・ギルド・インターナショナルでは、ジューンブライドの季節に先立ち、“平成元年婚”(1989年1月1日~12月31日に結婚)と“令和元年婚”(2019年1月1日~12月31日に結婚した、または結婚予定)のうち、結婚指輪を購入した(または購入予定の人=令和元年婚のみ)男女各125名、合計500名を対象に、結婚指輪及び、理想の夫婦像に関する比較調査をしました。

結婚指輪 編

●“おそろいのデザインにしたいアイテム”1位は変わらず「結婚指輪」
令和元年婚:8割が「結婚指輪」は “夫婦でおそろいがいい”
他様々なアイテムでお揃い志向

「結婚時に夫婦でおそろいのデザインにした、またはしたいと思うアイテム」について聞いたところ、「結婚指輪」と回答した方が平成・令和とも8割前後と圧倒的に1位。
続いて「ごはん茶碗、お椀」、「箸」などの定番アイテムとなりました。
令和元年婚はいずれのアイテムでも平成元年婚のポイント数を上回っており、「マグカップ」や「腕時計」、「服」や「結婚指輪以外のアクセサリー」でも2割以上がお揃いにした、またはしたいと回答しています。

●結婚指輪の購入費用負担も“夫婦で共に”の傾向強まる

「結婚指輪の購入費用負担」について聞いたところ、令和元年婚の「夫のみが負担」の比率が28ポイントと大幅に減り、「夫婦で共に負担」する割合が14ポイントアップしました。結婚指輪もかつては男性が負担することが多かったのが、夫婦で共に負担するケースが増えつつあることが明らかになりました。
また、夫婦以外も負担するケースも12%から23%に増えており、結婚指輪購入費用のお財布が増えているのも最近の傾向のようです。

●“結婚指輪をいつも身に着けている”は男女ともに倍増!
令和元年婚では、男性の75%、女性の90%がいつも着用

「結婚指輪を、職場や外出時などでもいつも身に着けている*」割合は、平成元年婚が男性34%、女性37%であるのに対し、令和元年婚では、男女ともに2倍以上に増えていることがわかりました。

*平成元年婚の方には結婚当時について、これから結婚指輪を購入する令和元年婚の方には身につける予定かどうかを聴取

●結婚指輪に求める要素、1位は「シンプルなデザイン」。
「着け心地」、「永遠の輝き」は共通のこだわり

「結婚指輪に求める要素」では、平成・令和ともに「シンプルなデザインであること」が1位。続いて「着け心地がよいこと」、「輝きが永遠に続き、劣化や変質・変色しないこと」となりました。

令和元年婚は全ての要素で平和元年婚より高い数値となっています。「愛の証、二人の絆の証として想いを込められるものであること」など、気持ちを大切にする傾向がみられる一方、「着け心地のよさ」や「劣化や変質・変色しないこと」など実用的な要素への関心も高く、結婚指輪の着用率もあがってきていることから、結婚指輪を普段から着けこなしており、指輪への意識が高まってきていると言えそうです。

平成・令和問わず結婚指輪に求められるのは、「シンプルで飽きのこないこと」また「輝きが永遠に続き、変質・変色しないこと」。プラチナは、長い年月を経ても色あせることがなく、一生もののリングとして最適です。また、プラチナの純粋で希少な白い輝きは、どんなスタイルにも合わせやすく、毎日身に着けられるのはもちろん、大切な席でもさりげない存在感を放つため、多くのカップルに選ばれているのです。

理想の夫婦像 編

●より変化を期待する令和元年婚:家事・育児の負担を平等に。
一生添い遂げたいという意識が高まる

「結婚観・夫婦像は現在のものから変わって欲しい、変わるべきと思うかどうか」の問に、「そう思う」と答えたのは平成元年婚では男女共に38%なのに対し、令和元年婚では男女共に5割以上と、令和元年婚はより結婚観・夫婦像の変化を求めている、中でも女性の方が変化を期待していることがわかります。

具体的に「結婚観・夫婦観はどのように変化してほしいと思うか」という質問には、平成/令和ともに「家事・育児の負担が夫婦で平等になる」、「仕事の負担が夫婦で平等になる」が1位・2位となりました。

一方、平成/令和で差が大きかったのは、「一生同じ人と添い遂げる」で17ポイント差、「家事・育児の負担が夫婦で平等になる」で14ポイント差等の違いがみられました。対等な関係や互いの自由を尊重しつつも、一生添い遂げたいという意識も高まっているようです。

●平成/令和元年婚の理想の夫婦像で、最も期待が高まったのは
夫=育児、妻=仕事の能力!

続いて「“妻”から見た理想の夫像」「“夫”から見た理想の妻像」について聞いたところ、理想の夫像は「いざというときに頼れる」、理想の妻像は「一緒にいて楽しい、楽である」が両世代共通の1位でした。

一方、理想の夫像について世代間で最も大きく違いが出たのは「育児ができる」「社交的である」で、ともに令和元年婚の回答が20ポイント近く高い結果となりました。

“令和元年”ならではの理想の夫像の特徴は、イクメンかつコミュニケーション能力の高いことといえそうです。

また「“夫”から見た理想の妻像」では、最も違いが出たのは「仕事ができる」ことで、令和元年婚が16ポイントも上回る結果となっています。次は「育児ができる」ことで、こちらは13ポイントの差となりました。
理想の妻像に“仕事の能力”が求められることは、イマドキカップルならではのユニークな特徴といえそうです。

ここから、男性には“育児”、女性には“仕事”と、令和元年婚は夫婦の役割をより平等に、共に行いたいという傾向がうかがえます。

生まれながらに白く、地球上でもごく限られた地域でのみ産出される希少性、さらには純度85%以上という純度の高さを誇るプラチナ・ジュエリー。
日常生活の中で変質・変色の心配はなく、その輝きは長い年月を経ても色あせることはありません。ファッションシーンはもちろん、不変の愛の象徴であるブライダルリングにふさわしい素材として、日本では婚約指輪の9割、結婚指輪の8割以上をプラチナが占めています。

PLATINUM
RECOMMEND

プラチナの正しい価値と知識、
日本で販売されている
プラチナ・ジュエリーのデザイン、
プラチナにまつわる
最新トピックスなどを紹介しています。