花嫁がもっと輝く、洗礼されたブーケの世界 HAPPY BOUQUET SEASON 2:夏 | プラチナ・トピックス | Platinum Guild International
Platinum Guild International

花嫁がもっと輝く、洗礼されたブーケの世界 HAPPY BOUQUET -season 2:夏-

プラチナ・リングの煌めきとともに、
幸せいっぱいの花嫁の
手元を彩る華やかなブーケ。
夏は力強く咲く花々から
元気をもらえる季節。
世界的フラワーアーティストの
Massaがアレンジした
夏の花々のウェディング・ブーケ
を紹介します。

ORIGINAL SUMMER BOUQUET

夏の結婚式にマッチするオリジナルのブーケ。
ウェディング・ブーケに込められた
プロフェッショナルの技とこだわりを
教えてもらいました。

MAKING POINTS

それぞれの花のよさを感じながら、
生き生きとした
表情が残るように束ねていくというMassa。
角度によって違う印象を楽しめる
素敵なブーケができました。

1

花を種類ごとに並べて、
そこからイメージを膨らませます。
今回は大きすぎない丸みのあるブーケを想定。
深みのあるブルーの花をメインに、
8種類の花々を組み合わせました。

ニゲラ、ベルテッセン、アジサイ、ルピナス、
デルフィニウム、セダム、ギリア、セリンセ

2

イメージしたブーケの形に合わせて、
茎からいらない葉を
落としておきます。
すんなり形をつくれる花もあれば、
どうやって使おうか考える花もあり、
そうした花との会話が
楽しい時間。

3

長くまっすぐに伸びるルピナスを中心に、
スパイラル状に
組んでいきます。
一本一本の茎が互いに支え合うことで
安定し、きれいに自立したブーケに
なるのだそう。
夫婦で助け合う様子にも
感じられます。

4

色の濃淡、花の種類や質感などで
組み分けながらボリュームを
出します。
ツンツンとしたニゲラの葉や
夏の夜空に
輝く星のような
ベルテッセンなど、
アクセントを
散りばめて表情豊かに。

5

全体のバランスを最後にチェックしたら、
紐とリボンで
しっかりと結びます。
ほのかに涙形の丸いブーケ。
茎は斜めにカットしてシャープな
印象を添え、
大人の女性に似合う
ウェディング・ブーケに。

BOUQUET OF THE SEASON

ひとつひとつ個性的な花々を
涼しげな配色ですっきりとまとめ、
爽やかな印象に仕上げたクラッチブーケ。
エキゾチックな南国の花が
華やぎを感じさせるアクセントに。
純白のドレスに夏の彩りを添え、
花嫁姿を明るく演出してくれます。

Recipe

シンビジウム、アジサイ、
アンスリウム、テマリソウ、
クルクマ、ミスカンサス

ふっくらとしたフォルムが
優しさを感じさせる
アジサイのブーケ。
花は神聖さを象徴する白に統一し、
タッセルで手元を引き締めることで、
上品に大人かわいい
雰囲気を表現しました。
ふたりの永遠の誓いを
そっと見守ってくれることでしょう。

Recipe

アジサイ

摘みたてのようなみずみずしさが漂う、
ナチュラルな印象のブーケ。
純白の小さな花から放たれる
清らかで、可憐な美しさが魅力です。
長さとボリュームがあるので、
スレンダーなドレスと相性がよく、
スタイリッシュにきまります。

Recipe

ハイブリットチース、
ホワイトジュエル、レースフラワー

ラベンダーカラーを基調にして
さまざまな花を組み合わせた、
シックで華やかなクラッチブーケ。
優美に咲く大輪のクレマチスが、
美しさと力強さを印象づけ、
大人のドレススタイルに似合います。

Recipe

クレマチス、バラ、ラムズイヤー、
トケイソウ、シラタマカズラ

第2回

世界にひとつ、Massaがデザインしたブーケ風フラワーアレンジメントを

PRESENT

結婚を機にかけてもらった心に残る言葉、
これから伝えたい想いなど、
ブライダルにまつわる“ステキな言葉”をお寄せください!

ご応募いただいた方の中から1名様に、
Massaプロデュースのブーケをイメージした
フラワーアレンジメントをプレゼントします。

たとえばこんなシーンでのひと言

結婚式の朝、家族からかけられた言葉 / 
忘れられないプロポーズの言葉 / 
結婚する友人に贈りたい言葉 / 
仲間からのお祝いのメッセージ / 
映画や小説の印象的なフレーズ

<募集締切日>

2019年9月30日(月) 23:59まで

ライラック、サマースイートピー、
クレマチス、レースフラワー、
アリウム

おめでとうございます!

夫からの優しいひと言をお寄せいただいた
第1回の当選者へ、ふんわりと優しい色合いの
花々でつくられた
ブーケ風
フラワーアレンジメントをお届けしました。

ライラック、サマースイートピー、
クレマチス、レースフラワー、
アリウム

ご応募ありがとうございました
結婚は挑戦
君を50年後もまもるよ
どんな人とも上手くやっていける、あなたなら
など、たくさんの素敵な言葉が寄せられました。

PROFILE
Massa Nakagawa

Massa&Artists 主宰

「生ける 活ける 変化る 創造る」

この4つの “いける” を信条に、花に限らず幅広い分野で活動。日本的な感性を融合させたダイナミックかつ繊細な作品をつくり続けている。世界のハイブランドのレセプション、オープニングパーティーの装花演出、雑誌、広告、ウェディングなどのデザインワークを数多く手がける。また、コンサートのステージデザインなどのアートワークやディスプレイは、既成の概念にとわられない空間デザインとして国内外で高く評価されている。

2010年 「Flower アート&デザイン協会」会長就任。
2012年 パレスホテル東京でのWEDDING装花ブランド
     「MUKU」を立ちあげ、デザイン監修、
同エグゼクティブアートディレクターとして就任。

あわせて読みたい