ダイヤモンドに愛される貴金属と言われるのはなぜ? | プラチナが選ばれる7つの理由 | Platinum Guild International
Platinum Guild International

選ばれる理由6

ダイヤモンドに
愛される貴金属と
言われるのはなぜ?

宝石本来の色を引き出す、プラチナの価値。

ダイヤモンドの透明な輝き、ルビーの燃えるような赤、
吸い込まれるようなサファイアの青。
色とりどりの宝石の色を邪魔せず、
本来の輝きを引き出せるのはプラチナの純粋な白色なのです。
また、プラチナは粘り強い性質をもった素材です。
そのため、
細く小さな爪でも宝石をしっかりと留めることができます。
6本の繊細な爪がダイヤモンドを支える
「ティファニー・セッティング」はその証明といえます。

多くの名門ジュエラーに愛されています。

プラチナはその優れた特性ゆえに、
レースのように繊細な細工を施すことができます。
ルイ・カルティエはそこに着目し、
ガーランドスタイルという見事な技術を確立しました。
以来、
プラチナは多くの名門ジュエラーから愛され続けています。

>>ブライダルリングにダイヤモンドが使われる理由


カルティエ製 1903年
(写真:カルティエ ジャパン)

あわせて読みたい