セレブリティのアイコニックなエンゲージリング | プラチナセレブリティ | Platinum Guild International
Platinum Guild International

プラチナ・ジュエリーの国際的広報機関による情報サイト

PLATINUM CELEBRITY

セレブリティのアイコニックなエンゲージリング

2021/09/09

プラチナのエンゲージメントリングは、王族やセレブリティたちの間で、1940年代後半から人気が出始めました。

エリザベス女王(エリザベス2世)、エリザベス・テイラー、グレース・ケリー、オードリー・ヘプバーンが身に着けていたまばゆいばかりのプラチナのエンゲージリングは今も人々の記憶に残り、現在でもビヨンセ、ジェニファー・ロペス、ミランダ・カー、アリアナ・グランデなどが、プラチナ製のエンゲージメントリングを選び続けています。

Getty Images/Kevin Winter


現在復縁がささやかれている”ベニファー”こと、ジェニファー・ロペスとベン・アフレック。熱愛中だった当時のエンゲージメントリングは、6.1カラットのラディアントカットのピンク・ダイヤモンドに、台形のホワイト・ダイヤモンドのサイドストーン2個を配したハリー・ウィンストンのプラチナ・リング。

Getty Images/Clive Brunskill


ビヨンセは、10年以上このロレイン・シュワルツのプラチナ・リングを愛用しています。完璧とも言われるこのリングは、センターに24カラットのエメラルドカット・ダイヤモンドがセットされ、二本のアームに分かれたプラチナ製のスプリットシャンクが特徴的なデザインです。

InStar Images


ミランダ・カーのタイムレスなプラチナ・リングには、ブリリアントカット・ダイヤモンドと、脇にテーパードのバゲットが配されています。

他にもプリヤンカー・チョプラー、アン・ハサウェイ、エミリー・ブラント、ナタリー・ポートマン、ジェシカ・ビール、ジェニファー・ローレンス、ニコール・キッドマン、ミラ・クニス、ブリー・ラーソン、サラ・ハイランドなど、多くのセレブリティが、永遠の愛を誓うエンゲージリングにプラチナを選んでいます。

耐久性に優れるプラチナは、ごく小さな爪でもダイヤモンドや宝石をしっかり留めることができ、変色することのない白色がダイヤモンドや宝石の色を永遠に引き立てます。

RECENT ARTICLES

PLATINUM
RECOMMEND

プラチナの正しい価値と知識、
日本で販売されている
プラチナ・ジュエリーのデザイン、
プラチナにまつわる
最新トピックスなどを紹介しています。

PAGE TOP