結婚指輪で後悔しないために。失敗しない選び方とプラチナが選ばれている理由 | ブライダル・ジュエリー コラム | プラチナ・トピックス | プラチナ・ジュエリーの国際的情報サイト|Platinum Guild International
Platinum Guild International

プラチナ・ジュエリーの国際的広報機関による情報サイト

結婚指輪で後悔しないために。失敗しない選び方とプラチナが選ばれている理由

ふたりの結婚の証として一生を共にする結婚指輪。今はデザインも素材もバリエーションが豊富で、どれを選べば良いのか迷ってしまうという人も多いですよね。
そんなたくさんの結婚指輪の中から、理想の1本を見つけるにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?
先輩花嫁たちが結婚指輪で失敗してしまった理由を参考にしながら、後悔しないための選び方と、結婚指輪にプラチナが選ばれている理由を見ていきましょう。

  結婚指輪で後悔しないために。失敗しない選び方とプラチナが選ばれている理由

デザインで失敗・後悔してしまう理由

結婚指輪で多いのはデザインに対する失敗の声です。気に入ったデザインを選んだはずが、どうして後悔してしまうのでしょうか?

 

シンプルすぎて物足りない

使いやすさばかりに気を取られてシンプルなデザインで選ぶと、後々物足りなさを感じたり、年齢を重ねた時に手元が寂しく感じられることも多いです。
日常使いに響くことがないアームのラインや表面の加工で好みを取り入れて、飽きのこないデザインを目指しましょう。
また、将来手元が寂しくなった時に、重ね付けすることを前提としたデザインを選ぶのもおすすめです。
婚約指輪と結婚指輪の重ね付けについてはコチラ

 

華やかすぎて日常使いしにくい

シンプルすぎたという声と対照的に、華やかなデザインを選んで後悔したという声も。
こちらは爪が洋服にひっかかるなどの実用性の問題や、好きなデザイン重視で購入したけれど普段着に合わないといった理由が挙げられます。
華やかなデザインでも凹凸が少ないものを選べば引っ掛かりも少なくなるため、試着の際にチェックを忘れずに。
また、普段使いせずに特別な時のみ身に着けると割り切ってしまうのもひとつの手です。

 

指輪の内側にこだわればよかった

結婚指輪には内側に特別な宝石を留めたり、ふたりの結婚記念日やイニシャルを刻印として入れられるサービスがあります。
どちらも購入と同時にオーダーすることになるため、購入時に言われて慌てて決めてしまい、後々後悔したという人が多いよう。
指輪の内側はオリジナリティが出せるポイントでもあるので、事前にどういったサービスがあるのかブランドのHPを確認する、下見の際に聞いておくと安心です。
結婚指輪の刻印についてはコチラ

サイズで失敗・後悔してしまう理由

次はサイズで失敗してしまう理由について。購入の前に試着をしてから購入するのが一般的ですが、それでも後悔してしまう理由とは何なのでしょうか?

 

大きすぎた

むくみやすい人や締め付け感が苦手な人は、あえて大きめのサイズを選択する人が多いです。
しかし、大きめのサイズを選ぶことで、むくんでいない時に指輪が抜けそうになったり、抜けて失くしてしまうといったリスクが高まります。
また、指と指輪の間に隙間ができることで指輪が変形する恐れも出てきます。
ゆるい方が良いという人は、サイズを大きくするのではなく、デザインや幅、内側の加工の種類から着け心地が良いものを選びましょう。

 

小さすぎた

逆に小さすぎて後悔したという理由には、ぴったりなサイズがなかった、失くす心配がないようワンサイズ下げた、むくみを考慮していなかったなどが挙げられます。
こちらも大きすぎた場合と同じで、お店の人と相談して試着を重ねながら、着け心地の良い指輪を根気よく探すのがベスト。
また、細かくサイズ展開されている指輪を選ぶのもおすすめです。

 

サイズ直しができなかった

指のサイズが変わったためサイズ直しをお願いしようとしたところ、サイズ直しができないと言われたというエピソードもよくある後悔ポイント。
指輪はそのデザインや形によってサイズ直しができないものもあります。特にアームにダイヤモンドをあしらったエタニティや、全周にデザインが施されたもの、特殊な加工をしているものです。

購入の際にはサイズ直しができるかどうか、できる場合は可能な範囲や料金を聞いておくと安心ですね。

素材で失敗・後悔してしまう理由

最後は素材での失敗について。今はひとつのデザインでもいろいろな素材から選べるため、迷ってしまうという人も多いですよね。素材についての後悔にはどんなものがあるのでしょうか?

 

肌なじみの良さも考えればよかった

素材は好きな色だからといった理由で選びがちですが、もっと自分に似合う色があったのではないかと後悔する人が多いよう。
一般的にはイエローベースの人はイエローゴールドが、ブルーベースの人はプラチナが似合うといわれていますが、実際に試着して比較検討するのがベスト。
普段のコーディネートとの相性も考慮して総合的に判断しましょう。

 

傷つきにくい素材にすればよかった

結婚指輪の細かな傷を気にする人も多いですが、毎日着けるものなので傷を避けることはできません。
できるだけ傷をつくりたくないという人は、傷がつきにくい加工を施したり、強度が高い独自の素材を扱っているブランドで購入するのがおすすめ。
傷でくすんだようになってしまうのが嫌という人は、表面にマット加工やヘアライン加工を施すことで傷が目立ちにくくなります。

 

扱いやすさも考慮すべきだった

長く着けているとネックになるのは扱いにくさです。素材によっては変色の心配があったり、長く身に着けているうちにコーティングが剥がれ、再度加工が必要になるといったことも。
素材選びの際には日々のお手入れ方法や注意が必要なシーンも併せて確認しておきたいですね。

結婚指輪はプラチナがおすすめの理由

豊富な素材から選べる結婚指輪でも8割以上のカップルに選ばれているプラチナの結婚指輪。結婚指輪の定番素材とされているのには、後々の後悔に繋がりにくい、以下のような理由が挙げられます。

 

純粋な白色で宝石の輝きを引き出す

プラチナの色は生まれながらの純粋な白色。まじりけのない本物の白だからこそ、輝きにしっとりとした深みがあり、控えめでどんなコーディネートにも馴染みます。

 

粘り強く加工しやすい

プラチナは粘り強い性質をもった素材です。爪のような細かなパーツも折れたりず、宝石をしっかりと留めることができます。
そのため加工の幅も広く、豊富なデザインからこだわりに合わせて選ぶことができるのも魅力です。

 

アレルギーを起こしにくい

プラチナの結婚指輪はプラチナの純度が高いPt900(プラチナ90%)やPt950(プラチナ95%)がほとんど。
プラチナの純度が高いほど、アレルギーを起こしやすい他の金属が混ざることも少ないため、アレルギーの心配も少なく安心です。

 

変色せず永遠に輝きが変わらない

プラチナは化学的に安定した貴金属であることから、日常使いする上で変質や変色といった心配がありません。シンプルなお手入れのみで、白い輝きをいつまでも堪能することができます。
永遠に変わらない輝きは、まるでふたりの永遠の愛を象徴しているかのよう。同じく永遠の愛を象徴するダイヤモンドとの相性の良さも、結婚指輪に最適な素材とされている理由です。
結婚指輪に選ばれているプラチナとは。詳しくはコチラ

まとめ

年齢と共にライフスタイルが変わっていく中で、一生好きでいられる指輪を見つけるのはなかなか難しいところ。ですが事前に知っておくことで回避できる後悔もたくさんあります。今回紹介した失敗談を参考に、手元を見るたびに幸せな気持ちにしてくれるような特別な結婚指輪が見つかりますように。

最近更新された記事

PAGE TOP