Vol.2 強がりな母の、本音のプラチナ。 | 絆のプラチナ | 読みもの&レッスン | Platinum Guild International
Platinum Guild International

絆のプラチナ〜こころ、つなぐ、プラチナなエピソード。〜

Vol.2 強がりな母の、本音のプラチナ。

志望の大学に受かったことを、一番喜んでくれたのは母でした。

「ママのことは気にせず、あなたのやりたいことをやりなさい」
それが、母親兼父親として、一人で私を育ててくれた彼女の口癖。
だから、私が東京の大学へ行き一人暮らしをしたいと言った時も、
「早く一人暮らしして、たくましくなって!」なんて、笑顔で応援してくれていました。

上京の日。
そんな母が突然私に、プラチナのペンダントを渡してくれたのです。
「あげる。お母さんは同じデザインのリングをするから。
寂しいけど、離れて暮らしても、いつもあなたのことを考えているからね」と、
目に少しだけ、涙を浮かべていました。

びっくりしました。
それまで一度も寂しい顔なんて、寂しいなんて言ったことなかったから。

思えば、心細いのは当たり前のはずなのに、新生活のことで頭がいっぱいで、
母の気持ちに気づいてあげられなかった私。申し訳なくて、言葉が見つかりませんでした。

あれから7年。働きはじめた今も、あのプラチナ・ペンダントは大切に身に着けています。
強がりな母の普段は言わない本音が、このプラチナ・ジュエリーには詰まっている。
そう思い、とってもありがたく、とっても愛おしく感じています。

(東京都 25歳 女性)

PAGE TOP