【ジュエリーに関する世代別調査】20代は“ご褒美買い”志向、30代では新トレンド”プレご褒美買い“が3位に!全世代の9割の女性がもらうと嬉しいのは? | プラチナ・トピックス | Platinum Guild International
Platinum Guild International

【ジュエリーに関する世代別調査】
20代は“ご褒美買い”志向、30代では新トレンド”プレご褒美買い“が3位に!
全世代の9割の女性がもらうと嬉しいのは?

2018/12/06

プラチナ・ギルド・インターナショナルでは、婚約指輪、結婚指輪以外のジュエリーを1つ以上持っている20代、30代、40~53歳(以下40代+バブル世代と表記)ごとに、ジュエリーに関する調査を実施。世代ごとのジュエリー価値観の違いが明らかになりました。 また、調査を通じて集まった「平成」という時代の振り返り、平成の間に購入した/もらった最も思い入れのあるジュエリーのエピソード【世代別・平成ジュエリープレイバック】もご紹介します。

メインヴィジュアル

◆自分で購入/もらったジュエリーの数:40代+バブル世代の半数が「3つ以上」と回答

あなたが持っているジュエリーの数として「自分で購入したジュエリーの数」について、「3つ以上」と回答した人は20代:28%、30代:34%、40代+バブル世代:50%となりました。

40代+バブル世代は、「自分以外の人(家族、恋人、友人など)からもらったジュエリーの数」でも最も多く、「3つ以上」と回答した人は20代:33%、30代:42%に対し、40代+バブル世代:48%と約半数となり、ジュエリーの所有数は 40代+バブル世代が大幅にリードする結果となりました

◆購入したい/もらいたいシチュエーション:20代は「自分へのご褒美買い」志向!

「ジュエリーを自分で購入したいと思うシチュエーションは」との問いには、20代では「自分へのご褒美」(56%)をはじめ、誕生日プレゼント、季節のイベント(クリスマスやバレンタインなど)のいずれにおいても20代が最も高いという結果に。また、「この冬、新しいジュエリーがほしいと思うか」との問いには、20代:56%、30代:47%、40代+バブル世代:39%が「ほしい」と回答しました。

一方、「ジュエリーをもらいたいシチュエーション」を比べると、20代・30代の6〜7割が「結婚記念日・交際記念日等」に「ほしい」と答えているのに対し、40代+バブル世代では38%と大幅にダウン、代わりに「自分の誕生日」にもらいたいという人が最も多くなっています。20代・30代には「二人の記念日ギフト」、40代以上には「誕生日ギフト」が喜ばれそうです。

さらに、「実際に購入したことがあるシチュエーション」では、全世代で圧倒的1位が「頑張った自分へのご褒美」、次いで 「自分の誕生日プレゼント」となりました。30代の3位には、新トレンド”プレご褒美買い“=「大きな仕事やイベントなどの前に気合いを入れるために」(13%)がランクインしました

【世代別・平成ジュエリープレイバック】
自分で購入した最も思い入れのあるジュエリー×節目のシチュエーション
就職のタイミングで腕時計とネックレスを買った。学生のときとは違う洗練されたデザインを選び気を引き締めた。(27歳女性)
婚約の挨拶に行く時。(29歳女性)
安物をいくつも買うより高価な物を1つ購入したので仕事を頑張った。(38歳女性)
課長試験に受かったので。7年間かけて受かった試験。女性管理職として男性に負けない、しかし女性らしくもありたいので買った。(35歳女性)
退職金で冠婚葬祭用のかなり良いパールのネックレスを購入。年齢的に良いものを持ちたかったので。(46歳女性)
大切な人にもらったジュエリー×節目のシチュエーション
母が「そろそろ一つぐらいちゃんとしたものを持っておきなさい」とダイヤのネックレスを買ってくれた。(25歳女性)
出産したときに、夫から頑張ったご褒美として子どもの名前入りネックレスをもらいました。(35歳女性)
結婚20年記念に、誕生石のダイヤのネックレスが三連になったものをもらった。(51歳女性)
※全て原文そのまま

◆ジュエリー価値観:20代は「高見え」志向、30代は「ブランド志向」!?
「一生モノ」の年数に違いも

「ジュエリー」に対する価値観では、まず“ブランド志向”=「有名ブランドのものであればあるほど嬉しいと思うか」との問いには、20代:60%、30代:62%、40代+バブル世代:48%が「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」と回答。20代・30代は“ブランド志向”が強いようです。
続いて、“高見え志向”=「高価に見えるものの方がいいと思うか?」との問いには、20代:77%、30代:70%、40代+バブル世代:69%が「当てはまる」と回答。20代はより“高見え志向”が強いことが明らかになりました。

また、「一生モノ」と呼べるジュエリーの価値観にも世代差が見られます。「一生モノと呼べるジュエリーは何年くらい使うものだと思うか」との問には、全世代で7割超が「ずっと(31年以上)」と回答。しかし、20代では10%が「5~10年」と回答、2番目に多い回答となりました。世代によって「一生モノ」の価値が様々であることがうかがえます。

◆全世代の9割の女性がもらうと嬉しいと答える「プラチナ」のジュエリー、
 20代は「気合いが入る」、40代+バブル世代は「色合いが好き」と評価

「この冬、ほしいジュエリー」についてきくと、具体的な種類としては、1位「リング」(59%)、2位「ネックレス・チョーカー」(54%)、3位「ピアス・イヤリング」(48%)となりました。

また、トレンドに左右されず長くて愛用できる貴金属の代表格としての「プラチナ」ジュエリーについても質問をしました。その結果、95%の人が「もらえれば嬉しい」と回答。また、プラチナは日常生活で変質・変色せずその輝きが変わらない特性があるだけに、約9割(85%)が「一生モノ」のイメージがあると回答しています。

「プラチナ」の価値は世代によっても様々のようで、40代+バブル世代では「色合いが好き」(84%)と回答した人が3世代中最も多かったのに対し、20代では「身に着けると気合いが入りそうだと思う」(76%)と回答した人が3世代中最も多いという結果になりました。

95%の女性が「もらえれば嬉しい」と答えたプラチナ・ジュエリーは、純粋で希少性が高く、変わらないものの象徴とされており、 またその変わることのない白色は、流行に左右されず、長く愛用することができます。
この冬、女性へのジュエリーのプレゼントを検討している男性の方や、自分で「ご褒美買い」をしようと思っている女性の方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。