名作映画、テレビドラマに登場するプラチナ・ジュエリー | プラチナセレブリティ | Platinum Guild International
Platinum Guild International

PLATINUM CELEBRITY

名作映画、テレビドラマに登場するプラチナ・ジュエリー

2020/07/22

おうち時間が増え、名作映画やドラマを見る機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。

今回は、人気映画やテレビドラマに登場する有名なプラチナ・ジュエリーをご紹介します。

純粋で希少なプラチナは、永遠の愛を誓うに相応しい貴金属。その粘り強い性質により、細く小さな爪でも宝石をしっかりと留めることができます。

生まれながらに白く上品な輝きを放つプラチナは、時代を超えて輝きつづけるジュエリー・デザインに数多く採用されています。

『上流社会』

グレース・ケリーは、自身最後の出演作となる映画『上流社会』の中で、レーニエ大公から実際に贈られたプラチナのエンゲージメントリングを着用しました。

カルティエ製のリングは、プラチナの台座に10.48カラットのエメラルドカットのダイヤモンドがセンターに配され、それと寄り添うようにバゲットカットのダイヤモンドが2つセットされた見事なものです。

Photos from The Jewellery Editor and The Adventurine.

『華麗なるギャツビー』

映画『華麗なるギャツビー』の作中、キャリー・マリガン演ずるデイジー・ブキャナンは、390万ドルの価値があるとされるティファニー製のリングを着用しました。

アールデコ風のエンゲージリングには、プラチナの台座にクッションカットのダイヤモンドが中央にセットされ、その周りをさらに小さなダイヤモンドが囲うデザインになっています。このリングと合わせて着用されていたのは、フレンチセットのウェディングリングでした。

Photos from Over The Moon.

『ムーラン・ルージュ』

映画『ムーラン・ルージュ』でニコール・キッドマンが着用した象徴的なネックレス“サティーン”は、映画作品用に製作されたジュエリーとしては史上最高額のもの。

ステファノ・カンチュリが手掛けたこのプラチナ製ネックレスには、合計134カラット、1,308個のダイヤモンドがセットされています。

100年の歳月によって磨かれた技術の集大成であり、完成までに数ヵ月もの時間を要したそうです。

Photo from Worthy.

『フレンズ』

コートニー・コックス演ずるモニカ・ゲラー・ビングが、大人気ドラマ『フレンズ』で着用したエンゲージメントリングは、Tacoriのヴィンテージ風のプラチナ製リングです。

「過去、現在、未来」を表す3つの石でデザインされたリングは、中央に1.5カラットのプリンセスカットのダイヤモンドがセットされ、両脇にはトリリオンカットのブルーサファイアがセットされています。

豊かさ、生命、繁栄を象徴する小麦模様が側面に手彫りされ、石座にはハートが隠されています。

Photo from Tacori.

RECENT ARTICLES

PLATINUM
RECOMMEND

プラチナの正しい価値と知識、
日本で販売されている
プラチナ・ジュエリーのデザイン、
プラチナにまつわる
最新トピックスなどを紹介しています。

PAGE TOP