オフィスカジュアルにふさわしいアクセサリー・ジュエリー選び。マナーを守っておしゃれを楽しむポイントとは? | ジュエリー豆知識 | プラチナ・トピックス | プラチナ・ジュエリーの国際的情報サイト|Platinum Guild International
Platinum Guild International

プラチナ・ジュエリーの国際的広報機関による情報サイト

オフィスカジュアルにふさわしいアクセサリー・ジュエリー選び。マナーを守っておしゃれを楽しむポイントとは?

職場で身に着けるアクセサリーやジュエリーはどこまでがOKなのか、悩んでいる人も多いですよね。

無難なものを選ぶとコーディネートもマンネリになりがち。だからといって個性を出し過ぎると周囲から浮いてしまう…。そんな中で上手にアクセサリーやジュエリーを取り入れるにはどうしたらいいのでしょうか?

今回はオフィスカジュアルにふさわしいアクセサリーやジュエリーの選び方と、マナーを守りつつおしゃれを楽しむポイントをご紹介します。

  オフィスカジュアルにふさわしいアクセサリー・ジュエリー選び。マナーを守っておしゃれを楽しむポイントとは?

オフィスカジュアルのジュエリーはどこまでがOK?

オフィスカジュアルのアクセサリーやジュエリーのマナーは、職種や職場のルール、環境によって大きく異なるため明確な基準はありません。
職種別の傾向でみていくと、例えば公務員や金融系、医療系の堅実さが求められる職場はシンプルなジュエリーが基本。ネックレスもピアスもワンポイントのもののみOKな場合が多いです。
お客様や取引先とのやりとりが多く、イメージを大切にするサービス業や小売業でもシンプルなジュエリーが好まれます。
マスコミやIT系は比較的規定がゆるめ。だからといってなんでもOKというわけではなく、会議や外回りの時にはきちんと感を意識して選ぶなど、TPOに合ったジュエリー選びが求められています。

オフィスカジュアルのジュエリー選びのポイントは?

では、具体的にはどのようなジュエリーを選べばいいのでしょうか?オフィスカジュアルのジュエリー選びのポイントをみていきましょう。
 

シンプルなもの

モチーフなしやワンポイントのみのシンプルなデザインは、どんな職場でも好まれる定番ジュエリーです。
素材は清潔感と上品な印象を与えてくれる地金のものをベースに、華奢で小ぶりなデザインを選びましょう。
 

落ち着いた色味のもの

オフィスカジュアルに似合う、落ち着いたカラーを選ぶのも大切なポイントです。
地金の色はもちろん、天然石のジュエリーを選ぶ場合も注意が必要で、ダイヤモンドのようなカラーレスの石や、ローズクォーツやアクアマリンのペールトーンの石がおすすめ。
控えめに品良くを意識して、華美になりすぎないようにしましょう。
 

会社の雰囲気にあったもの

オフィスカジュアルコーディネートは、会社のイメージや職場の雰囲気に合っていることもとても大事です。
周囲のコーディネートとのバランスを見ながら程よくトレンドを取り入れて、控えめで品のよいデザインを選びましょう。

オフィスカジュアルにおすすめのジュエリー

では、オフィスカジュアルにおすすめのジュエリーにはどんなものがあるのか、アイテム別に具体的な例をみていきましょう。
 

ネックレス

素材はプラチナやゴールドで、華奢なチェーンにワンポイントのモチーフや、一粒ダイヤがついたネックレスがおすすめです。
深みのある白色が印象的なプラチナは、どんなコーディネートにも馴染む万能カラー。オフィスにふさわしい控えめな華やかさを演出してくれるので、異なるデザインで複数持っていると重宝します。
モチーフは小さめに、馬蹄やしずく、ハートなど、自分の好きなモチーフでさりげなく個性をプラスしてみて。
 

指輪

指輪もアームが細めの華奢なリングをベースに、アームの形やデザインで個性をプラスするのがおすすめ。
シンプルで細いアームの指輪が似合わない、指の太さが気になるという人は、V字やウェーブラインを選びましょう。指を細く、手元をきれいに見せてくれます。
 

ピアス

ピアスも天然石のみのシンプルなものや、地金のモチーフをあしらったワンポイントのものなど、小ぶりなデザインを選ぶのがベター。
自由度が高い職場ではフープピアスや揺れるピアスを選んでも素敵です。立体感のあるモチーフは華やかさと女性らしさを演出してくれます。
 

ブレスレット

ブレスレットもネックレスと同様に、華奢なチェーンタイプのブレスレットを選ぶといいでしょう。モチーフ有りのものなら一粒ダイヤや地金のワンポイントのモチーフが入ったものに。
チェーンのみだと寂しいという人はスクリューチェーンやミックスチェーンのものを選んでみてはいかがでしょうか?華美になりすぎずこなれ感をプラスできます。

オフィスカジュアルでは避けたいジュエリー

では逆に、オフィスカジュアルで避けたいジュエリーにはどんなものがあるのでしょうか?こちらもアイテムごとに詳しくみていきましょう。
 

ネックレス

大きなモチーフのネックレスは避けた方がいいデザインのひとつ。カラーストーンも大きすぎると悪目立ちしたり、カジュアル感が強くなりすぎる場合があるため、オフィスカジュアルでは石もモチーフも小さめを心がけましょう。
 

指輪

指輪も同様に大きな石や大ぶりのモチーフがついたものは避けた方が無難。また小さくても、ドクロや動物などの個性的すぎるモチーフはオフィスではNGです。
モチーフはその周囲からのイメージも意識しながら、知的で品のあるデザインを選びましょう。
 

ピアス

存在感のある大ぶりのピアスやロングチェーンのピアスは避けた方が無難です。顔周りの大きすぎるモチーフは本人にそのつもりがなくても、相手に威圧感を与えてしまうことも。
また、電話に出る際に受話器にぶつかって音が出たりと、仕事の邪魔になる可能性もあります。
 

ブレスレット

カジュアルになりがちな革素材や、地金のものでも太めのバングルは避けた方がベター。
華奢なチェーンでも長すぎるものやじゃらじゃら音がするものはNGです。手元を品よく見せてくれるすっきりとしたデザインを選びましょう。

オフィスカジュアルのジュエリー選びでよくある質問

オフィスカジュアルのジュエリー選びでよくある疑問にお答えしていきます。
 

結婚指輪はつけても大丈夫?

結婚指輪はフォーマルな場にふさわしいジュエリーとされているので、職場でも問題なく着けられる場合がほとんどです。
ただし、日常的に重いものを持ったり固いものを扱う職場だと、傷がついたり指輪が曲がってしまう可能性もあります。心配な場合は外しておくのが安心です。
 

アクセサリーが禁止されている会社の場合は?

アクセサリーが禁止されている会社の場合は素直に規定に従うのがベストですが、会社的にアウトでも職場内でこの程度ならOKと、暗黙の了解になっていることも多いです。
周りの人が着けている場合はどこまでなら大丈夫なのか、それとなく聞いてみるのもいいですね。

まとめ

まずは周囲の雰囲気に気を配りながら、シンプルなデザインを選ぶと失敗も少ないです。ジュエリー選びに慣れてきたら、モチーフや色使いに個性をプラスして周りと差をつけて。
プラチナの白い輝きは、あらゆるシーン、ファッションにマッチします。オフィスでは、知的で爽やかなイメージを引き出してくれるとともに、プラチナだけが持つ本物の輝きが、自信と満足感を与えてくれます。
オフィスカジュアルのマナーを守りながら、自分らしいジュエリー選びを楽しんでくださいね。

最近更新された記事

PAGE TOP