メンズジュエリー入門【ネックレス編】 | メンズジュエリー 入門vol.2 | プラチナ・トピックス | Platinum Guild International
Platinum Guild International

vol.2
メンズジュエリー入門【ネックレス編】

昔に比べると、男性でも指輪やネックレスを身に着ける方が増えてきましたが、まだまだメンズジュエリーは敷居が高いと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は男性がネックレスを選ぶときのポイントをご紹介します。

メンズジュエリー入門【ネックレス編】

男性がネックレスを選ぶときに意識する2つのこと

シンプルであること

女性向けのネックレスに比べて、男性向けのネックレスは大振りで存在感のあるデザインのものが多いです。しかし、派手なデザインのネックレスはカジュアルファッションにはあまりなじまず、むしろ首元だけが妙に浮いて見えてしまいます。

まずはさりげないシンプルなネックレスをファッションの一部として取り入れてみると、上品さもありつつ、いつものオシャレをワンランクアップしてくれるのではないでしょうか。

 

質が良いものであること

男性用ネックレスの値段もピンからキリまであります。ただ、顔のすぐ下という目立つ部分に着用するので、あまりにリーズナブルなものを選んでしまうと、全体的に安っぽく見えてしまいます。

特に年齢を重ねた方は、プラチナなど質の良いもの選ぶのがおすすめです。プラチナは男性の肌にもなじみやすい落ち着いた色合いです。

また、プラチナは金属アレルギーになりにくい素材とされており、首は汗をかきやすい部分でもあるので、安心して身に着けることができます。

男性用のネックレスにはどのようなものがあるのか

長さの種類

男性が身に着けるネックレスとしては、50㎝程度が標準的な長さで、カジュアルファッションだけでなく、きれいめな服装にも合わせやすい長さです。

60㎝以上になると長めの部類になるのではないでしょうか。体型がしっかりしていて、首の太さが気になるという方は、ややロングタイプのネックレスでゆとりをもたせても良いかと思います。

 

チェーンのデザインの種類

ネックレスのデザインというと、ペンダントトップの部分に注目してしまいますが、プラチナなど貴金属でできたネックレスはチェーンの種類もさまざまです。

 

・アズキチェーン
Cカンをつないだようなアズキチェーンは最もポピュラーなタイプです。細身のものが多いので、シンプルに身に着けたい方にぴったりです。

ペンダントに合わせるチェーンとしても一般的です。

 

・キヘイチェーン

プラチナなどの線材を90度にひねりながら編んでいったものがキヘイチェーンです。

断面をカットすることで輝きが増し、ずっしりとした重さがあるため特に男性に選ばれています。

細めのものは、ボリュームのあるメンズのペンダントのチェーンとしても使われます。

 

・ベネチアンチェーン

ベネチアンチェーンは、四角のパーツを縦と横に交互に組み合わせたもの。パーツの密度が高いので重厚感があり、他のチェーンと比べると直線的な印象です。落ち着いた雰囲気を演出したい男性におすすめのタイプです。

 

・スクリューチェーン

らせん状にひねったようなデザインのスクリューチェーンは、ペンダントトップがなくても存在感を出すことができます。さりげなく個性を出したいという方に向いています。

まとめ

男性用のネックレスを選ぶときはシンプルかつ質の良いものを選ぶと、その日のコーディネートを引き立ててくれます。

本物のジュエリーで、ワンランク上のオシャレを目指してみてはいかがでしょうか。

 

メンズ、ユニセックスのプラチナ・ジュエリーを見る

最近更新された記事

PAGE TOP