自分に似合うネックレスの選び方 | ジュエリー豆知識vol.34 | プラチナ・トピックス | Platinum Guild International
Platinum Guild International

プラチナ・ジュエリーの国際的広報機関による情報サイト

vol.34
自分に似合うネックレスの選び方

コーディネートのアクセントとして、気軽に取り入れられるペンダントネックレス。
デザインが気に入って購入したのに、着けてみたら似合わない、手持ちの服と合わせづらいと感じたことはありませんか?自分に似合う長さやチェーンのデザインを知っておくことで、首元を美しく見せられるのはもちろん、永く大切にできるジュエリーと出会うことができます。
今回はそんな、自分に似合うネックレスの選び方を見ていきましょう。

  自分に似合うネックレスの選び方

ネックレスはチェーン長さで印象が変わる

ネックレスのチェーンには大きく分けて3つの長さがあり、タイプごとに雰囲気が変わってきます。まずはそれぞれの長さと、与える印象を見ていきましょう。

 

3540cm(チョーカータイプ)

首元にぴったりと沿うように身に着けるチョーカータイプ。

襟の詰まったファッションでも着けやすく、若々しいイメージを与えてくれます。

 

40-45cm(プリンセスタイプ)

鎖骨の少し下から胸元に近い長さのプリンセスタイプは、最もベーシックな長さです。

ラウンドネックやVネックの幅広いネックラインに合わせやすく、首から鎖骨にかけてできるV字が、華奢なデコルテを演出してくれます。

 

50-60cm(マチネタイプ)

トップが胸元までくる長さのマチネタイプ。

コインなど存在感のあるペンダントトップに、ハイゲージニットにも合わせやすく、縦のラインを強調して胸元を美しく見せてくれます。

チェーンの種類が与える印象

次はチェーンの種類です。チェーンにも大きくわけて4つの種類があります。

それぞれの特徴や与える印象を見ていきましょう。

 

・あずきチェーン

あずきチェーンは、あずき型の輪が繋がって鎖になった、最もベーシックなチェーンです。

輪とつなぎ目のすき間が程よい抜け感を演出してくれるため、シーンや年齢、テイストを問わず似合う方が多いです。

華奢なものなら洗練された雰囲気を、太めのものはスタイリッシュな印象を与えてくれます。

 

・喜平チェーン

喜平チェーンは、あずきチェーンの輪をつぶしたような、平たい形が特徴的です。

輪が太く面が広いので重厚感があります。無骨な男性用のイメージが強いですが、華奢な喜平チェーンは首元を華やかに、適度な存在感を与えてくれます。

 

・スネークチェーン

スネークチェーンは、かしめ構造になった、文字通りへびのような見た目のチェーンです。すき間なく繋がったチェーンは、デコルテの凹凸に沿って流れるように形作る姿がとってもしなやか。絶妙なボリューム感で胸元を彩ってくれます。

 

・ボールチェーン

その名の通りボールが連なったデザインが特徴的なボールチェーン。

ボールと接続部が交互にくることで、あずきチェーンの様な抜け感を出しながらも、キュートで愛らしい印象を与えてくれます。

 

・ベネチアンチェーン

スクエア状の輪を繋げたベネチアンチェーン。

あずきチェーンやボールチェーンのような柔軟性はないため、デコルテの凹凸に左右されることなくシャープな曲線を描くのが特徴です。

独特の存在感があり、ゴージャスな印象を与えてくれます。

体型に合わせて選ぶ方法

次は体型に合わせて選ぶ方法です。

ネックレスによっては、コンプレックスに感じている部分を強調してしまうものもあります。首の長さや身長をベースに、似合う形を探してみましょう。

 

・首が短めの方      

首が短めの方は、長めのチェーンで縦のラインが強調されるものを選べば、首周りをすっきりと見せることができます。

面で沿うチェーンや太めのチェーン、逆に華奢すぎるチェーンは首の太さを強調します。抜け感がありつつも程よい太さを意識しましょう。

 

・首が長めの方      

首が長めの方は胸元に空間があかないよう、首周りに沿うラインを作ります。

チェーンの長さは短めで、華奢すぎず太すぎない、程よい重厚感がある太さを選びましょう。

首元を華やかにしたい場合には、プリンセスタイプをベースにマチネやオペラで重ね付けするのがおすすめです。

 

・高身長の方

高身長の方に似合うのは、存在感のある大ぶりのネックレスです。

横のラインを作りたいので、面が広いチェーンや太めのチェーンなど、存在感のあるものを選びましょう。

華奢なチェーンを選ぶ場合には、アシンメトリーに装飾が施されたデザインが良いですね。

 

・低身長の方

小柄な方に似合うのは、華奢で抜け感のある短めのネックレスです。

ロングサイズのネックレスをしたい場合には、ペンダントトップが大きすぎると重心が下に下がってしまってアンバランスになることも。

小さ目のペンダントを選ぶか、チェーンに等間隔に装飾が施されたステーションネックレスにするとすっきりとまとまります。

服装に合わせて選ぶ方法

服装に合わせて選ぶ場合には、首元のデザインに注目して選びましょう。

一般的なVネックや、シャツの胸元に似合うのは40㎝~のプリンセスタイプです。トップが隠れてしまいがちなラウンドネックのTシャツは、リブより下にくる長さを選ぶと、トップが安定してネックレスがきれいに見えます。

また、アジャスターがついたチェーンを選べば、服装に合わせて長さが調整できるのでとても便利です。

ネックレスを選ぶ際のポイント

ネックレスは地金の種類によっても雰囲気が大きく変わるため、なりたい雰囲気や自分に似合う色に合わせて地金を選ぶのも大切なポイントです。

年齢やシーンを選ばず使えるネックレスならプラチナがおすすめ。お手入れも簡単でアレルギー反応も出にくいといわれているプラチナは、繊細な首元を彩るジュエリーにぴったりです。

まとめ

自分に似合うペンダントネックレスについて、チェーンの長さや種類、体型別の選び方をご紹介しました。主張しすぎず、洗練された印象を与えてくれるプラチナのネックレスは、仕事にプライベートにと大活躍してくれそう。是非、自分に似合うプラチナ・ネックレスを探しみてくださいね。

最近更新された記事

PAGE TOP