結婚指輪にプラチナが選ばれるのはなぜ?プラチナがどんな貴金属なのか紹介します! | プラチナ・トピックス | Platinum Guild International
Platinum Guild International

一般ユーザーの皆さまからの疑問にお答えします

プラチナって何? 結婚指輪がプラチナの理由は?

女性でプラチナを知らない方はいないでしょう。しかし、高価なジュエリーといった漠然とした印象しかない方も多いかもしれません。プラチナはジュエリー以外にも、さまざまな工業用としても用いられています。現代のテクノロジーに欠かすことのできない貴重な貴金属なのです。

◆プラチナとはどんな金属なの?

プラチナは白い色と輝きをもつ貴金属です。同じ白でも、シルバーと比べると重みのある、落ち着いた白い色が特徴です。プラチナは和名では「白金(はっきん)」と呼ばれ、そのまま英訳するとホワイトゴールドとなることから混乱が生じることがありますが、ホワイトゴールドとは異なる貴金属であり、ジュエリーでは「プラチナ」の呼び方で統一しています。

プラチナはレアメタルと呼ばれる希少金属のひとつです。金と比べても採掘量が年間20分の1程度で、希少性の高い貴金属です。採掘されたプラチナの約3割が自動車の排ガスを浄化する触媒に使用され、宝飾品も3割程度。投資用はわずか数パーセント程度とされ、大半のプラチナが自動車産業か宝飾品に使われています。

現在、プラチナは南アフリカ共和国、ロシア、ジンバブエ、北米のほぼ4か所で採掘されています。
プラチナは原鉱石1トンに対しておよそ3グラム程度しか採れず、また原鉱石からプラチナ地金になるまでの精錬時間が長く加工も難しいことから、必然的に高価になります。

希少で高価なプラチナですが、
実は日本は世界最大規模のプラチナ消費国です。一人当たりのプラチナ・ジュエリー消費量は世界一で、婚約指輪は92%、結婚指輪では82%をプラチナが占めています。これほどプラチナ・ジュエリーが好まれている国は他にありません。

◆ホワイトゴールドとの違い

プラチナはホワイトゴールドとは全く異なる貴金属です。プラチナが内面からの白い色であるのに対し、ホワイトゴールドは、もともと金色のゴールドに白色のパラジウムやシルバーなど他の金属を混ぜて白く変えた合金であり、色味も重さも違います。ホワイトゴールドはそのままでは黄またはグレーがかっているため、ほとんどのジュエリーがより白く見えるようコーティング(めっき)を施しています。コーティングは時間が経つとはがれ、変色したように見えることがあります。これに対してプラチナは生まれながらの白い色なので、光沢や強度を保つためにコーティングを施してあったとしても、変色することはありません。

>>プラチナとホワイトゴールドの違い

◆結婚指輪=プラチナ?

日本では結婚指輪、婚約指輪などブライダルリングに使われる貴金属はプラチナが一般的です。それは、プラチナのもつ天然の白い色が、純潔・純粋を表す花嫁の白につながり、変色変質せず永遠の輝きを保つ特性が、毎日一生身につけるブライダルリングに最適だからです。またプラチナの控えめな色と輝きは、宝石の色を最大限に引き立てるため、特にダイヤモンドにとってプラチナは最高のパートナーと言えます。永遠の愛を誓うブライダルリングに最適の貴金属として、プラチナは多くの女性に選ばれているのです。

>>ブライダルジュエリーには、なぜプラチナなの?